4コマ漫画ブログ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

アクセスカウンター

株リーMAN☆(管理人)

株リーMAN☆

Author:株リーMAN☆

最新のコメント

月別アーカイブ

相互リンク募集中☆

Amazon.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03/23の損益(+1万円)

[東京 23日 ロイター]

 日銀による量的緩和政策の解除などを好感して、個人投資家の日本株選好度合いが強まった。
ロイター個人投資家3月調査によると、解除を受けて36%が日本株投資を「増やす」と回答。
量的緩和解除は日本経済のファンダメンタルズが良好であるためという積極的な受け止め方が、消極的な見方を上回った。

 「量的緩和政策の解除を受けた日本株投資へのスタンスはどうか」との質問に対し、
36%が日本株投資を「増やす」と回答。
「現状維持」は59%、
「減らす」は5%だった。

 日本株投資を増やすと回答した個人投資家の中には、量的緩和解除によって日本経済のファンダメンタルズ回復が裏付けられたと受け止めている見方が多かった。
「解除は日本経済が健全化していることを示している、投資家の日本株評価が上がる」(60代男性)
との声が代表的だ。

 将来のゼロ金利政策解除については「良い金利上昇と考える」(50代男性)、
「インフレ対策で株を買う」(60代男性)などの声が目立った。

 セクター別では、金利上昇によるローンビジネスでの収益増加期待からか、「金融・保険関連」に注目が集まった。
そのほかでは「IT・ハイテク関連」、「建設・不動産関連」も注目度が高かった。

 具体的な銘柄は、日産自動車 <7201.T> 、新日鉄 <5401.T> 、みずほフィナンシャル・グループ <8411.T> 、トヨタ <7203.T> 、ダヴィンチ・アドバイザーズ <4314.OJ> 、ソフトバンク <9984.T> 、ソニー <6758.T> 、SBIホールディングス <8473.T> などの回答が目立った。

 日本株投資を減らす意向の個人投資家からは「企業も家庭の財布のひもがしまり、何事にも消極的になる」(40代男性)
など、金融引き締めへの懸念が出る半面、
「少しずつ安全な資産に移行したい」(40代男性)
など、利回り上昇を見込んだ債券など低リスク資産へシフトする回答者も少なくなかった。

 <日本株への投資スタンスDI、プラス幅が大きく拡大>

 同調査で毎回質問している「日本株全般をどのようにみているのか、強気か弱気か」については、「強気」から「弱気」を引いたDIがプラス68となって、2月調査のプラス30から大幅に上昇。
1月調査の88には及ばなかったものの、日本株選好の回復ぶりをここでも示す結果となった。

 日本株投資に強気と回答した個人投資家からは、日銀の量的緩和政策解除とそれに伴う先行きのデフレ脱却期待に加え、これまでの良好なファンダメンタルズや堅調な企業業績といった要素を挙げる声も目立った。

 弱気な見方を示した向きの中には、ライブドア問題を引きずっている回答が少なくなかった。
「ライブドア問題での個人の痛手は大きかった」(60代男性)、
「ライブドア・ショックから抜けきれていないのに、金融引き締め策(量的緩和政策解除)が出たため」(40代男性)
としている。
「信用買いの残が多すぎる」(50代男性)
との声も目立っていた。

 <ITやサービス、建設への投資意欲回復>

 業種ごとの投資姿勢(「強気」から「弱気」を引いたDI)では、IT・ハイテク、サービス、建設・不動産、金融・保険が2月調査から大幅に上昇した。
特に、建設・不動産の上昇幅が大きく、2月のマイナス10からプラス20へ、30ポイント上昇した。
 また、成長株(回答率:57%)と割安株(同59%)への投資意欲が依然高く、国際優良株(同38%)や小型株(同28%)、IPO(同23%)などを上回っている。

 「株式投信」への投資を考えている個人投資家の国・地域選好をみると、インド、中国、ロシア、ブラジルのBRICsの回答率が引き続き高水準で、いずれも北米を上回った。
日本の回答率は2月調査から上昇した。

 この調査は、ロイターが毎月、個人投資家向けメールマガジン「マルテックス」の会員15万人を対象に実施している。
実施期間は3月13─16日。回答数は959人。
 「マルテックス」は、ロイターの個人向け金融専門サイト。
会員は、年収500─799万円が32%と最も多く、1千万円以上が26%。
金融資産残高(除く不動産)は500万円未満が44%と最も多く、3000万円以上は12%。
株式投資頻度は1カ月に1回が32%と最も多く、1週間に1回が22%。


本日はアセットMを空売りで薄利。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【405】万円(前日比+1万円)

[監視銘柄]
フージャース、ダヴィンチ、アセットM、フィンテック、パシフィックM、三光MF
スポンサーサイト

<< 公示地価、東京都が全域平均で15年ぶり上昇 | ホーム | 03/22の損益(+1万円) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。