4コマ漫画ブログ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

アクセスカウンター

株リーMAN☆(管理人)

株リーMAN☆

Author:株リーMAN☆

最新のコメント

月別アーカイブ

相互リンク募集中☆

Amazon.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用取引について

信用取引は現物取引に比べてリスクが高いですが、使いようによっては非常に有効なのです。

現物取引と信用取引の違いですが、
現物取引だと、その日売った銘柄を同じ資金で買い戻すのは「差金決済」となり、買い戻せません。

信用取引の場合は、寄りで売って、引けで買い戻す。何てことも可能になります。

現物取引の優れているところは違う銘柄なら、同日中にいくらでも回転売買が出来るところです。
(A社の株を300万で売買し、B社の株を300万で売買し、C社の・・・)

信用取引は、決まった額までしか売買できません。
(A社の株を300万で売買したら、それで同日中の売買は出来なくなる)

私はデイトレーダーではないので、回転売買できないのはあまりデメリットではありません。

「売った銘柄が下がってきたので買い戻せる」方にメリットを感じます。

また、空売りも出来るのでリスクヘッジにもなります。
「株価が上がってきたから売りたいけど、また上がったらどうしよう。。。」
といった場合は空売りもできます。

現物で保有しているのと同じ株数を信用で売るのです。
すると上がっても下がってもプラスマイナス0円です。

「まだまだ上がってる」ならば、返済すれば良いのです。

「どんどん下がってきた」ならば、下がったところで返済すれば良いのです。

その間の利益は0円ですが、判断に迷ったときにはとりあえず信用で空売りしてみるのは有効です。



私がアセットで考えているのは、株価が上がってくると、信用分を売却し、その利益だけで現渡しをします。
(現物の株数を増やしていくのです)

そしてある程度株価が下がってきたら、また信用で買うのです。
すると以前よりも多くの金額を信用で扱えるようになります。

で、また株価が上がってきたら現渡しをします。
株価が下がってきたら、信用でまた買います(以前よりも多く)

なかなかうまい事いかないと思いますが、私が目指しているのはそうやって資産を増やしていくことです。
(アセットの後はダヴィンチ、フージャースで・・・)
スポンサーサイト

<< S31ファンド(含み)損益グラフ | ホーム | アセットM[2337]信用取引で資産倍増計画 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。