4コマ漫画ブログ

にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ

アクセスカウンター

株リーMAN☆(管理人)

株リーMAN☆

Author:株リーMAN☆

最新のコメント

月別アーカイブ

相互リンク募集中☆

Amazon.co.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年02月の損益(-421万円)200万出金

2006年02月の損益です。

第1週:+ 52万円
第2週:- 56万円
第3週:-224万円
第4週:-184万円(200万出金)
第5週:- 9万円

合計:-421万円

1月は-300万、2月は-200万。
ライブドアショックの教訓が生かされておりません。
ポジションを落とさなかったら大変な事になっていたかもしれません。

さて、私のトレードスタイルも根本から見直す必要がありそうです。
ダヴィ、アセばかりに固執する事も無いなと考え始めております。
業績も良く、成長性も認めますが、あまりに人気化しすぎました。
ダヴィはYahoo掲示板の投稿数ランキングが、1位のライブドアについで2位です。
今後は銘柄にこだわらず、バリュー投資や株主優待狙いに戻るかもしれません。
空売りの勉強も引き続きつづけます。
スポンサーサイト

2月第5週の損益(-9万円)

2月第4週の損益です。

02/27 -4万円
02/28 -5万円

合計:-9万円

02/28の損益(-5万円)

今日も売られました。
ダヴィ、アセを空売りしましたが、1~2ティック抜きで返済買い。
良い練習にはなりました。
アセは手仕舞いました。
資金量を減らしておいてよかった。。。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:25万円
時価総額【192】万円(前日比-5万円)

[保有銘柄]
ダヴィンチ(現物2株、(新株8株))
163,000円(前日比+300円)

[監視銘柄]
アセットM
301,000円(前日比-17,000円)

02/27の損益(-4万円)

日銀による量的金融緩和の解除の思惑で不動産株が売られました。
今の内に色々と警告を発して、何としてもバブルにさせないという意気込みは賛成です。
悪材料は今の内に盛り込んでおいてください。
(本当は悪材料というわけではないようだが、市場はそう認識しています)

大証の計16本の気配値は圧巻でしたね。
若干値動きが安定したような気がします。

≪補足≫
ホルダーでもない私がダヴィンチの分割権利を取ったのは、経験のためです。
(信用維持率の低下などを身をもって体験したかった、それだけです)
翌日に子株が売れる新方式で分割祭りはないと考えています。
(イートレはすぐに売れませんが)

【株リーMAN☆ファンド】
資金:25万円
時価総額【197】万円(前日比-4万円

[保有銘柄]
ダヴィンチ(現物2株)
811,000円(前日比-12,000円

アセットM(現物1株、信買1株)
318,000円(前日比-12,000円

[監視銘柄]
フィンテック
658,000円(前日比-22,000円

パシフィック
315,000円(前日比-15,000円

2月第4週の損益(-184万円)200万出金

2月第4週の損益です。

02/20 取引なし
02/21 +2万円
02/22 +7万円
02/23 取引なし
02/24 -193万円(200万出金)

合計:-184万円

2月の損益は今のところ-412万円です。

色々なブログを徘徊したのですが、
暴落時にダヴィ、アセ等を空売りして儲けた人結構いるみたいですね。

アホルダー(だった)としてはなかなか売るのは難しいですね。
上がってくれ~と思ってる株を売るなんてなかなか出来るもんじゃありません。

空売りはリスクヘッジにもなるし、暴落相場で稼ぐことも出来るので、
今後のためにも勉強する必要がありますが。

金曜日は空売りが踏み上げられて株価が上がっていったみたいですね。
まあ信用取引は買いも売りもリスクがあるということですね。

≪追伸≫
ニャーMAN☆ずを応援してくれているゆうさん元気ですか?
最近コメントがなくて少々心配しております。

02/24の損益(-193万円)200万出金

う~む、監視銘柄は活況だなあ~。
昨日は取引なし、今日はアセットMでデイトレ。
ダヴィンチは引けに2株購入して権利取りしました。
(分割の権利取りは来週の月曜でした。。。)
最近、なんだか売買が下手すぎて自信が無いので一旦ポジションを落としました。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:25万円
時価総額【201】万円(前日比-193万円)(200万出金)

[保有銘柄]
ダヴィンチ(現物2株)
823,000円(前日比+37,000円

[監視銘柄]
アセットM
330,000円(前日比+40,000円

フィンテック
680,000円(前日比+29,000円

パシフィック
330,000円(前日比+2,000円

02/22の損益(+7万円)

ダヴィとフィンを、寄りで売却しました。
ダヴィは早売りでしたが、まあ良しとします。
こつこつ稼いで、ドカンと損しないようにします。
「こつこつドカン」のパターンが一番凹みますから。。。

2日連続で新興市場は元気が良かったですね。
明日、明後日はまだまだ予断を許しませんが。。。
新興市場の本格的な復活は3月からと予想します。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【394】万円(前日比+7万円

[監視銘柄]
ダヴィンチ
748,000円(前日比+47,000円

フィンテック
610,000円(前日比-17,000円

アセットM
593,000円(前日比+73,000円

パシフィック
310,000円(前日比+26,000円

「安く買って高く売る」

株をやらない人ほど、
「株なんて安く買って高く売れば良いんだろう?簡単じゃん」
と言う。

それが何とも難しい。

まだまだ上がると思っては高値で買い、
まだまだ下がると思っては底値で売り、
もう上がるだろうと思ってナンピン買いしたら下がり、
もう下がるだろうと思って売ったら爆上げ。。。

「もうはまだなり、まだはもうなり」

分かっていても難しい。
爆下げ中は恐怖心で買えず、爆上げ中は欲を出して売れず。。。

「安く買って高く売る」

そんな単純な事がサラリと出来る投資家になりたい。

そう考えると、まだ恐怖心がある明日は爆上げか?
う~む例えそうだとしても。。。難しい。。。

02/21の損益(+2万円)

日経平均株価は3営業日ぶりに急反発。朝方の外国証券経由の売買注文動向が10営業日ぶりに買い越しとなった。

不動産ファンド関連株がそろって急反発している。
日銀による量的緩和政策解除への警戒感などからこのところ下げが目立っていたが、この日の日本経済新聞に不動産大手が都心部の優良オフィスビルの賃料を5年ぶりに5~10%前後引き上げる方向で交渉中などと伝えられたことが刺激になり、見直し買いが増加した。


まあ暴騰、暴落の理由は後付けで何とでもなります。
需給が改善されたということでしょう。

監視銘柄がすべてストップ高となりました。
金曜の前場でぶん投げたのとほぼ同価格で、本日買い直しました。
相変わらず売買が下手すぎです。
が、まだ本格復活ではなく、短期保有の予定です。
(ニャーすさんのストップ高持ち越し戦法を真似しました^^;)

父親が65万でダヴィンチを売却。およそ30万の損失です。
父親の分まで頑張ります。゜(T^T)゜。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【387】万円(前日比+2万円

[保有銘柄]
ダヴィンチ(現物5株)
701,000円(前日比+100,000円

フィンテック(信買2株)
627,000円(前日比+100,000円

[監視銘柄]
アセットM
520,000円(前日比+50,000円

パシフィック
284,000円(前日比+40,000円

アセットM、ダヴィンチの分割について≪補足≫

アセットM、ダヴィンチの分割についてですが、簡単にまとめました。
(イー・トレード証券の場合)

アセットM(1:2)
2/22 権利付最終売買日
2/23 権利落ち日(担保価値が1/2に)
3/01 効力発生日(新株の売却が可能。担保価値の復活)
※2/21に現物を売却しても、受渡日の関係で2/23の担保価値は1/2になります。

ダヴィンチ(1:5)
2/27 権利付最終売買日
2/28 権利落ち日(担保価値が1/5に)
3/04 効力発生日(新株の売却が可能。担保価値の復活)
※2/24に現物を売却しても、受渡日の関係で2/28の担保価値は1/5になります。

またダヴィ、アセに限らず、2月末は分割銘柄が非常に多いので皆さん追証回避のための手仕舞いをしていると思います。

追証回避のため安値でのぶん投げ、その下落を狙った空売り、またその買戻し、現物を安値で仕込む方。。。

色々な思惑が重なり、来週はさらに乱高下の激しい相場になりそうです。

02/20の動向

監視銘柄は本日も暴落でした。。。
前場の引けにかけて暴騰したのですが、後場はズルズルと株価を下げてしまいました。
父親がダヴィンチを925,000円で1株保有しているので、自己嫌悪に陥ってます。
(昨年私が勧めました)
乱高下の激しい相場になっているので、全く手出しできません。
空売りの買戻しで株価が上がってるだけのような気も。。。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【385】万円

[監視銘柄]
ダヴィンチ
601,000円(前日比-55,000円

アセットM
470,000円(前日比-29,000円

フィンテック
527,000円(前日比-21,000円

パシフィック
244,000円(前日比-22,000円

新興市場の崩壊

ダヴィもアセも暴騰前の株価に戻ってますのでファンダメンタル的には買いですが、本当に残念ながら需給的には売りです。

これ以上の下落は限定的だと思いますが、需給は最悪の状態ですので今すぐ買いに行く必要もありません。

短期的にはリバウンド上げもあるでしょう。しかしそこで無理して買わなくても相場は存在しつづけます。

今後何100回でも買い場は訪れます。
今は静観あるのみです。

現物で逃げ遅れた方はホールドし続けるのも有りです。
春には株価はだいぶ戻っているでしょう。

両銘柄とも分割を直前に控えているため、信用の手仕舞いをしなければならない状況です。
売りたくなくても売らなければならないのです。

ダヴィとアセともに終値でガツンとここまで下げたのが大問題です。
まさに想定の範囲外。
ライブドア・ショック以上に追証が発生してしまった人がいるのでは。。。
金曜の暴落がセリングクライマックスかどうかは分かりません。

兼業トレーダーは、小額で趣味程度に今月1万円儲けた☆損した★というレベルが一番落ち着くかもしれません。
本業がおろそかになっては本末転倒です。°(ToT)°。

まあ総悲観になってる時が買い場なのは間違いありません。
もしかしたら月曜から暴騰するかもしれません。
それは結果論であって、私には全く予想できません。
予想できてたらここまで資産を減らさなかったでしょうから。。。

≪追記≫
「現預金残高不足の通知」について質問がありましたので分かる範囲でお答えします。
信用を損切りしたけど、その分の現金が無かった場合に発生します。
残念ながら現物の売却益では期日中に間に合わないと思います。
追証に比べると強制決済の恐ろしさは無いかもしれませんが、
それに加えて追証が発生すると、追証分を入金できたとしても不足金から優先的に充当されるため、負担が大きくなります。
私はライブドアショックの時に実はこのダブルパンチを食らってます。
どちらも入金する事が出来ずに、現物、信用とも全てぶん投げました。
最終的にどちらも入金しなかったです。
それでもイートレード証券で信用取引を再開できました。
安易に信用取引が再開できるのもアレですが。。。

2月第3週の損益(-224万円)

2月第3週の損益です。

02/13 -157万円
02/14 +46万円
02/15 -17万円
02/16 -41万円
02/17 -55万円

合計:-224万円

2月の損益は今のところ-228万円です。

02/17の損益(-55万円)

前場で全部ぶん投げました。

ダヴィとアセは、「分割前の信用手仕舞いショック」でしょうか。
暴落に気付くのが遅かったですが、しかも今日あたりが底値かな?とも思いますが、いったん手仕舞いました。
信用バブル・ショックはしばらく続きそうな気がしています。
ダヴィンチは分割後に買うかもしれません。

あれ?後場上げてきましたね。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【385】万円(前日比-55万円)

[保有銘柄]
なし

ライブドア・ショック前日

ライブドア・ショック前日のポートフォリオです。

01/16の損益(+197万円)

アセ、ダヴィ、フィンがついに揃って100万台に乗っけて引けました。
ちょっと好調すぎですね。。。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:316万円
時価総額【1791】万円(前日比+197万円)

[保有銘柄]
アセットM(現物10株)
1,050,000円(前日比+66,000円)100万突破☆

ダヴィンチ(現物6株、信買10株)
1,060,000円(前日比+30,000円)高値更新☆

フィンテック(信買10株)
1,040,000円(前日比+84,000円)高値更新☆


好調すぎだよ!何で全部売らないんだよ俺!orz

02/16の損益(-41万円)

本日も良く下げました。
ダヴィンチは予想通り随分下がってたので信用で4株買いました。
今日の下げは分かっていましたが、凹みますね。
何だかもう耐えれるレベルを超えてきたような気がします。
まだ元金を割っていない内に一度本格的に手仕舞いした方が良いかもしれません。

16日の東京株式市場で日経平均株価は反発。2営業日ぶりに1万6000円台を回復した。
寄り付き前の外国証券経由の売買注文が7営業日連続で売り越しだったため、朝方は外国人投資家の日本株売りを警戒した売りが優勢だった。


≪追記≫
ダヴィンチが70万割れたり、アセットMが60万割れたりと信じられないことが次々と起こる相場ですね。
昨年の暴騰も信じられないほどの上げっぷりでしたので、仕方ないのでしょうか。。。
数ヶ月前に戻ったと考えれば、気が楽かもしれません。
と自分に言い聞かせております。。°(ToT)°。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【440】万円(前日比-41万円
2月の目標:624万円(あと184万円)

[保有銘柄]
ダヴィンチ(現物3株、信買4株)
750,000円(前日比-55,000円

アセットM(現物1株)
590,000円(前日比-35,000円

フィンテック(現物1株)
603,000円(前日比-48,000円

パシフィック(現物2株)
295,000円(前日比-19,000円

02/15の損益(-17万円)

本日は寄り天だと思い、信用分を全て寄り成りで返済しました。
今回は珍しく予想が当たりました。
明日以降、暴落したらまた買い出動します。

寄り付き前の外国証券経由の売買注文(市場筋推計)は株数ベースでは6営業日連続の売り越しで、相場が低迷していた昨年5月中旬以来の連続売り越し。
「これまで日本株を買い上げた外国人投資家の投資姿勢が変わってきている」
との見方が出ていた。


≪追記≫
外国人投資家は売り逃げているようで、安いところで仕込んでいる可能性がありますね。
明日、明後日でまたズルズル下げてS安寸前まで行く可能性もあると見ています。
信用ぶん投げクライマックスが近づいているとみています。
金曜の大引けは注意が必要です。
皆さんこのような不安定な相場で株を持ち越したくないでしょうから。
あまりにも下げすぎていたら、大引け10分前から暴騰。なんてこともあるかもしれません。
ライブドアが上場廃止になるかどうかも最大のポイントです。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【481】万円(前日比-17万円
2月の目標:624万円(あと143万円)

[保有銘柄]
アセットM(現物1株)
625,000円(前日比-67,000円

ダヴィンチ(現物3株)
805,000円(前日比-24,000円

フィンテック(現物1株)
651,000円(前日比-44,000円

パシフィック(現物2株)
314,000円(前日比-17,000円

02/14の損益(+46万円)

前場はヒヤヒヤものでしたが、後場は大幅反発。
反発したところでちょこちょこと利益確定しました。
信用の維持率は現在100%を越えました。
今後さらに株価が下がっても何とか耐えられる水準だと思います。
結果的には本日の前場で買うのが正解でしたが、なかなかそこまで相場を読むのは難しいですね。
まだ先週の株価に戻った訳ではないので、今後も注意が必要です。

ダヴィンチですが、大和総研が決算発表を受け妥当株価を112万円としました。
この地合で随分強気です☆

寄り付き前の外国証券経由の売買注文は、5営業日連続の売り越しであったにも関わらず、日経平均株価は3営業日ぶりに大幅反発しました。
後場に入り株価指数先物主導で上げ幅を拡大。
個人投資家の投資心理が好転し相場全体の追い風になったとの見方もあり、頼もしい限りです。
しかし外国の投資家が日本離れしているのはかなり注意が必要です。
まだまだ不安定な相場は続きそうです。

≪補足≫
私は今日前場をほとんど見れませんでした。それが功を奏したのかもしれません。
もし見れてたらどうしていたか分かりません。
結局現物はあまり売買せずに放置が一番なのかもしれませんね。
しかしチャートを見ると右肩下がりです。
まだ一時的なリバウンド上げだと思ったほうが良いかもしれません。
ライブドアの上場廃止が決まったら新興市場はまた暴落に見舞われるでしょうから。
ライブドアの上場廃止が決まったら日本市場の混乱も徐々に解消されて行くでしょう。


【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【498】万円(前日比+46万円
2月の目標:624万円(あと126万円)

[保有銘柄]
アセットM(現物1株、信買2株)
692,000円(前日比+19,000円

ダヴィンチ(現物3株)
829,000円(前日比+58,000円

フィンテック(現物1株、信買2株)
695,000円(前日比+16,000円

パシフィック(現物2株、信買2株)
331,000円(前日比+30,000円

ダヴィンチ、アセットM等の1年後の株価予想(修正版)



ダヴィンチ、アセットM等の1年後の株価予想を修正しました。
前回に比べると精度が上がったとは思いますが、まだまだいい加減な数字だと思います。
少しづつ正確な数字を計算できるように勉強していきます。

ダヴィンチ、今12月期は84%経常増益見込む

ダヴィンチ・アドバイザーズ(大証HC)<4314>が13日発表した
05年12月期連結決算は
売上高が95億200万円(前の期比2.3倍)、
経常利益が69億7300万円(同2.6倍)、
当期純利益が44億8100万円(同2.6倍)
となった。

主力の不動産投資顧問事業では期末段階で9本のファンドを運用しており、運用資産残高や出資確約総額が順調に拡大。

運用成績も好調だったことで手数料収入が大きく伸びた。
不良債権の回収益を計上した投資事業も前の期に比べて営業利益が3.5倍に増加した。

06年12月期は
売上高が163億3900万円(前期比72.0%増)、
経常利益128億5400万円(同84.3%増)、
当期純利益も77億600万円(同72.0%増)
と大幅増収増益を見込んでいる。

[ラジオNIKKEI2006年02月13日]

02/13の損益(-157万円)

保有銘柄がすべてストップ安で引けました。
新興市場はライブドアショック以上の暴落です。
保有銘柄を前場でほとんど処分し、後場ストップ安付近で買い出動しましたが、明日どうなるか分かりません。。。

日経平均株価は急落。約半月ぶりに1万6000円の大台を割り込んだ。
海外投資家から売りが出て、国内勢の投資心理も悪化。
株価指数先物主導でほぼ全面安となった。
東証前引け後の立会外におけるバスケット取引で投資家の売りが多かったことをきっかけに、日経平均は後場一段安となった。


【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【452】万円(前日比-157万円
2月の目標:624万円(あと172万円)

[保有銘柄]
アセットM(信買3株)
673,000円(前日比-100,000円

ダヴィンチ(現物3株、信買1株)
771,000円(前日比-100,000円

フィンテック(現物1株、信買2株)
679,000円(前日比-100,000円

パシフィック(現物2株、信買4株)
301,000円(前日比-50,000円

5年半で資産500倍!DAIBOUCHOU式 サイクル投資法

不動産関連銘柄で資産を大膨張させたカリスマ投資家の書籍がついに出ました!!

「損切りを考えなければならない銘柄を選ぶこと自体に問題がある」
(DAIBOUCHOU氏)

5年半で資産500倍! DAIBOUCHOU式 サイクル投資法
4796651144DAIBOUCHOU

宝島社 2006-01-30
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2月第2週の損益(-56万円)

2月第2週の損益です。

02/06 +33万円
02/07 +41万円
02/08 -69万円
02/09 +14万円
02/10 -75万円

合計:-56万円

2月の損益は今のところ-4万円です。

02/10の損益(-75万円)

金曜日~土曜日はスノーボードに行ってきました。
携帯の電波が届かなかったため、日曜日に保有銘柄の株価を確認したのですが、あまりの暴落振りに驚きました。
かなり下の方で指していたものがほとんど約定。
来週も不安定な相場が続きそうです。
信用の維持率は今のところ60%です。
維持率アップのため信用をある程度片付ける必要があります。
それにしても凹むなあ。。。
皆さんダヴィンチとアセットMを分割前に信用を整理しておきたいのでしょうか。
分割が良い方向に作用していない気がします。
分割直前になれば株価はまた上昇を始める可能性はありますが。

日米の金利先高観に伴って、昨夏以降買い一辺倒だった海外投資家の投資姿勢に変化の兆しもあり、戻り売りの市場心理が強まりそうだ。
東証の現物株の取引時間短縮に伴って、午後は30分早く取引が始まる先物経由で売りが仕掛けやすくなっており、「日中値幅は大きく振れそう」。


【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【609】万円(前日比-75万円
2月の目標:624万円(あと15万円)

[保有銘柄]
アセットM(現物4株、信買2株)
773,000円(前日比-51,000円

ダヴィンチ(現物3株、信買2株)
871,000円(前日比-64,000円

フィンテック(現物1株、信買2株)
779,000円(前日比-60,000円

フージャース(信買1株)
535,000円(前日比-19,000円

パシフィック(信買2株)
351,000円(前日比-29,000円

アーバン(信買100株)
10,790円(前日比-460円

アセットI(信買1000株)
461円(前日比-3円

ダヴィンチ、アセットM等の1年後の株価予想

20060209175742.jpg

かなり大雑把ですが、ダヴィンチ、アセットM等の1年後の株価予想をしてみました。

ダヴィンチとアセットは株価が下落してしまうのですが、計算方法が間違ってるのでしょうね。。。

noppinさんのブログを参考にしながら修正したいと思います。

※次回のブログの更新は日曜日を予定しております。

02/09の損益(+14万円)

保有銘柄は後場に若干反発しましたが、まだまだ弱い動きですね。

モルガンは既に売り抜けていて、下げたところをまた拾いに来るでしょう。
今、相場を支えているのは個人投資家です。
信用の委託保証金率引き上げが決まったら、相場はまた一時的に暴落する可能性が高いですね。

日経平均株価は3日ぶりに大幅に反発。前日に今年3番目の下げ幅を記録したとあって朝方は自律反発狙いの買いが先行。
しかし翌日に株価指数オプション2月物の特別清算指数(SQ)算出を控え、様子見ムードが強まって相場は再び伸び悩んだ。


【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【684】万円(前日比+14万円
2月の目標:624万円(達成☆)

[保有銘柄]
アセットM(現物4株、信買1株)
824,000円(前日比+22,000円

ダヴィンチ(現物3株、信買1株)
935,000円(前日比+18,000円

フィンテック(現物1株、信買1株)
839,000円(前日比-11,000円

フージャース(信買1株)
554,000円(前日比+1,000円

パシフィック(信買1株)
380,000円(前日比-6,000円

アーバン(信買100株)
11,250円(前日比-300円

アセットI(信買1000株)
464円(前日比+1円

02/08の損益(-69万円)

本日は地合が悪く全面安でした。
寄り成りで色々と信用買いをしましたが、短期的には失敗だったようです。
外国の投資機関が日本市場離れを起こしているらしいです。(特に新興市場)

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【670】万円(前日比-69万円
2月の目標:624万円(達成☆)

[保有銘柄]
アセットM(現物4株、信買1株)
802,000円(前日比-56,000円

ダヴィンチ(現物3株、信買1株)
917,000円(前日比-39,000円

フィンテック(現物1株、信買1株)
850,000円(前日比-62,000円

フージャース(信買1株)
553,000円(前日比-26,000円

パシフィック(信買1株)
386,000円(前日比-27,000円

アーバン(信買100株)
11,550円(前日比-430円

アセットI(信買1000株)
463円(前日比-30円

02/07の損益(+41万円)

[東京7日ロイター]
大引けの新興株式市場は、しっかり。
日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数とも続伸となった。
不動産、建設関連株の上昇が目立っている。
市場では「東証1部と比べて出遅れ感があることから、全般に底上げの動きとなっている。
ライブドアショックの後遺症も薄れつつある」(準大手証券情報担当者)との声が出ていた。


本日は取引がありませんでした。やっと新興市場にも資金が回ってきたようです。
急に株価が上がってしまったので買い増しチャンスを逃しました。。。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【739】万円(前日比+41万円
2月の目標:624万円(達成☆)

[保有銘柄]
アセットM(現物4株、信買1株)
858,000円(前日比+24,000円

ダヴィンチ(現物3株、信買1株)
956,000円(前日比+47,000円

フィンテック(現物1株、信買1株)
912,000円(前日比+55,000円

02/06の損益(+33万円)

今日は3銘柄とも信用で1株ずつ買い建てしました。
保有銘柄はようやく復活してきた感じです。

2/10にはフィンテック、2/13にはダヴィンチの決算発表があります。
月末にはアセットMの1:2、3月にはダヴィンチの1:5の株式分割が控えております。
これから不動産、金融関連の新興銘柄は材料が目白押しです。

【株リーMAN☆ファンド】
資金:225万円
時価総額【698】万円(前日比+33万円
2月の目標:624万円(達成☆)

[保有銘柄]
アセットM(現物4株、信買1株)
834,000円(前日比+39,000円

ダヴィンチ(現物3株、信買1株)
909,000円(前日比+32,000円

フィンテック(現物1株、信買1株)
857,000円(前日比+14,000円

2月第1週の損益(+52万円)

2月第1週の損益です。
02/01:-13万円
02/02:+16万円(4万円入金)
02/03:+49万円

合計:+52万円

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。